--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/06/28

【自転車を捨てて!(潔癖症)】便利屋のお仕事内容や収入、教えます!

自転車を捨てて!(潔癖症)

「便利屋」と言う仕事は、例えば「引越し」「不用品買取」など「いっかいぽっきり」の仕事だけだと思っていましたが、時々、リピートが来る場合もあるのです。

この人の場合は、今の所、2回目のリピート。
でも、多分、また来ると思います。
なぜならば……。


sirokuroyubiyoko.gif

「ホームページを見て電話しました。何だか清潔感のあるデザインなので気にいりました」
「ありがとうございます」
「早速なんですが、自転車を処分したいのですが、出来ますでしょうか?」
「はい、もちろん」
「場所は、うちのマンションの横の自転車置き場です」
まあ、ごくごく簡単な用事だ。

いつもの様に便利屋の大将にTEL。
「自転車捨てて、って」
「ああ、ええで。ほんでいつや」
「明日」
「ええで」
そして、依頼主に折り返しのTEL。

「気をつけて下さいね。実は自転車の前のカゴに、何やら怪しい缶が入っているんです」
「怪しい缶?」
「ええ、爆発したらどうしようと思って近寄れないんです」
「危険物ですか?」
「きっとそうに違いありません。ああ、気持ちが悪い」
話が違う!
慌てて便利屋の大将にTEL。
「なにー、危険物!長塚はん、あんたも来い」

そして次の日。
僕達二人の武装はあえて詳しく書かないが、自衛隊危険物処理班さながらの重装備。
「お前、先行け」
「いえいえ、歳の功より亀の頭」(意味不明)
びびりながらのほふく前進。
が、カゴに入っていたのはビニール袋に包まれた、ただのジュースの空き缶。
そして、自転車はと言うと、ほぼまっさら!
(この闘いの間、依頼主より2度ほど「大丈夫ですか?命に別状は無いですか?」との電話あり)
一応、依頼主にその旨を伝えると「気持ち悪いから捨ててくれ」との事。

「ほんまに世の中には心配症の人がおるもんやなあ」と便利屋の大将。
これが、一回目。

続いて二回目は、
「チンし過ぎて電子レンジの中の玉子が爆発したんです。もう、気持ち悪くて気持ち悪くて。すぐに持って帰って捨てて下さい」
確かに玉子は爆発したが、これは危険物ではない。大将に行ってもらった。
「まだ、まっさらやったで、電子レンジ」

三度目は
「うちのマンション、ご存知でしょ、その隣のマンションの壁に変な落書きがあるんです。もうイヤ。気持ちが悪くて気持ちが悪くて」
「消してきたで。ただの落書きや」と大将。

ただいまのところ、三度目(リピート2回)でありますが、この調子で行くと今後もリピートは続きそうです。


d2a8c8fefdf9253a0b660db702add947.jpg
便利屋の大将いわく、
「最後はな、絶対言うで、あの奥さん。うちの主人が気持ち悪くて気持ち悪くて……」(笑)


これまでの「便利屋さんのお仕事あれやこれや」はこちらから←




「絵本版」はこちらから


<地域の便利屋さんグループ>
●神戸の便利屋333
●愛知の便利屋138
●大阪の便利屋8787
●福岡(博多)・北九州の便利屋616




コメント

非公開コメント

オチで思わず笑っちゃいました。
ほかにも幾つか記事を見ましたが、やはり幅広い依頼をこなしているのですね。
便利屋をテーマに小説を構想しているので、参考にさせて貰います。

コメントありがとうございます。

私も本業はライターです。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。