--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/05

偽造をしてくれ(もちろんすぐに断りました)

偽造をしてくれ(もちろん、すぐに断りました)

以前も少し書きましたが、怪しい依頼をしてくる人は「前フリ」が非常に長い。
なかなか用件を言わない。

「何でも屋さんでしょ、何でもしてくれるんでしょ」
こう言う出だしはまず、怪しい!
「何でも、と言うか、便利屋です」
「どちらも代わりはないじゃないですか」
「何でもかんでもしないから、便利屋です」
「そりゃ、屁理屈かね?人をおちょくっちゃあいかん。便利屋と何でも屋のどこが違うんですか?」
相手はフリーダイヤルなので、好きなだけ喋る。

sirokurodenwanayamu.gif

「ところでご用件は?」
「銀行からお金を借りるんです」
「はい、で?」
「ところが使う使途を教えろと言うんです」
「まあ、そうでしょうね?」
「あるいは、使った領収書を出せと言うんです」
「まあ、そうでしょうね。ところでご用件は?」
「だから、領収書が要るんです。でも、無いんです」
「だったら、借りれませんね」
「だから、作って欲しいんです」
ああ、来た!
僕はもちろん、きっぱりと言った。
「領収書の偽造をしろと言うわけでね。それはお断りします」
ところが、相手は引き下がらない。
「自分で作ろうと思いましたが、会社のハンコを押さないといけないでしょ」
「そりゃ、そうでしょう」
「私は個人ですから、会社のハンコなんかありません」
「そりゃ、そうでしょ」
「だから、何でも屋に頼んでいるんですよ」
「だから、何でもかんでもやりません。偽造はイヤです。お断りします」
ガチャ
キリがないので、こっちから電話を切った。

ところが、これで終わらない。
一週間ほどして、また、この人、電話をかけてきた。

oisanudegumi.gif
「先日の領収書の者です。覚えてますか。じゃ、こう言うのはどうでしょう」


「だから、偽造はしませんってば」
「偽造じゃないんです。聞いてください。私がおタクの会社のハンコを借りる。そして、私が領収書に押す。どうです、これなら問題はないでしょ」
「だから、そう言う問題ではなく」
「どこに問題がありますか?」
「……ところで、どうしてウチなんですか?」
「だから、おタクは何でも屋でしょ」
「だから、ウチは便利屋であって……」

<おまけ>
同業者の方から話を聞きましたが「何でも屋」と名乗るのは良くないそうで、怖い筋の人に「お前、何でも屋なら人殺しでも何でもするんやな」と脅された事があるとか……。
だから「便利屋」と称しているのですが、それでも時折、こんな人も現れるのであります。


これまでの「便利屋さんのお仕事あれやこれや」はこちらから←





「絵本版」はこちらから!



<地域の便利屋さんグループ>
●神戸の便利屋333
●愛知の便利屋138
●大阪の便利屋8787
●福岡(博多)・北九州の便利屋616




コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。