--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/09/16

【便利屋のチラシ作成】便利屋さんのお仕事内容や収入、教えます!

便利屋のチラシ作成

僕は「神戸の便利屋333」 の広報係だ。
だから、たまにホームページのアクセス解析も行っている。
最も多い検索ワードは「便利屋 神戸市」。
このワードで検索をかけると「google」「yahoo」共に1ページ目に出てくる。
(これに関するノウハウは、ヒ・ミ・ツです)

ホームページを開設してから半年ほどたって、少し変わったワードで検索される事が多くなった。
「便利屋 開業」
「便利や チラシ作成」
「何でも屋 ノウハウ」などだ。
どうやら、便利屋を開業しようとたくらんでいる人や会社からのアクセスの様だ。

その日も便利屋の大将は現場仕事が忙しいため、僕が転送電話を受けていた。
(普段、自分の事務所にこもりっきりなので、この仕事はなかなか楽しい)
「イバラギ イバラギ」
フリーダイヤルを受けた。

sirokurodenwa.gif
ほーら、問い合わせだ。
ちょっとワクワクする。

「実は便利屋をはじめようと思ってるんですが」
あまり聞きなれない方言。年配の女性の声。
「便利屋さんに、こんな事を尋ねるのも失礼かと思うのですが」
ああ、便利屋の開業方法を教えろと言うのかな?まあ、茨城県ならバッティングはないでしょう、と勝手に思っていると
「チラシを作ってもらえますか?」
「チラシ?」
「はい、ウチは今も町の小さな電気屋なのですが、この所、お客さんも減ってきて便利屋さんを始めようと、夫婦で相談したんです。もちろん副業程度ですけれど……ちょっと待って下さい、主人と替わります」

替わったご主人が、また話し出す。
「たいていの事は出来るので便利屋をやってみようと言う事になりまして、ただ、絵の才能がないと言うか、いろいろ手書きでチラシを作って見たんですが、どうもイイのが出来なくて」
よしよし、チラシ作りは僕のお得意だ。これまでの雛形を適当に変えれば数分で完成だ。
「いいですよ、そんな事情ならお安くお請けさせていただきますから」
「ああ、ありがとうございます。本来なら商売敵なのに申し訳ありません」

はるか遠い茨城県で老夫婦が僕に平身低頭している姿が見えてきた。
「ちなみにどんな図柄と言いますか、どんなチラシが出来るでしょうか?」
「そうですね、じゃ、今まで作ったチラシ、ファックスで送りましょうか」
「……そうしていただければ助かります」
「じゃ、請求書と一緒に送りますね」

僕は、茨城の小さな町の電気屋さんを想像した。
さぞかし仕事がなくて困っているんだろうなあ。
これまで作った便利屋のチラシの中から出来のいい物を3枚、早速ファックスした。

が、返事が来ない。
次の日も来ない。
年寄りだから、レスポンスが遅いのかなあ……。
三日たって、はたと気が付いた。

sirokuroporipori.gif
「しまった!パクられた!!!!」


<おまけ>
「便利屋さんって、いい仕事ですよ。100%、お客さんにありがとうをもらえますよ」
僕は老夫婦にそうも言ったが、今回、初めて「ありがとう」をもらえなかった。



これまでの「便利屋さんのお仕事あれやこれや」はこちらから←




絵本版はこちらから!




<地域の便利屋さんグループ>
●神戸の便利屋333
●愛知の便利屋138
●大阪の便利屋8787
●福岡(博多)・北九州の便利屋616





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。